2011年12月30日金曜日

12/30 無念出船中止

楽しみにしてた年末ジギングは、波が高いため、中止になりました。

今年は、9回船にのりました。
完全な坊主は1回のみなので、良い年でした。

来年も、子育てと釣りを両立しながら、楽しくやっていきたいと思います。

それでは良いお年を。

GyoNetBlog ランキングバナー

2011年12月25日日曜日

セパレートグリップの使い方

日本海側、大荒れですね。
来週、中程に一瞬冬型が緩みそうですが、うまくタイミングが合えばいいのですが、、、

スパイクのグリップとブラディアの組み合わせ

さて、ロッドは基本、1ピースが好きです。
グリップジョイントの竿は、継ぎ目が回転して、ガイドの位置がずれることがあります。
(ロッドのねじれ剛性が強くなっても、ジョイント部が回転したら、意味がありません。)

ただ、グリップ単独だと、便利な使い方があります。

例えば、
  1. なんとなく、リールをくるくるしたい時、便利
  2. ジャークのイメトレをするとき便利
  3. キャスティングのイメトレをするときに便利
  4. ザ・フィッシングとか見ながら、釣れた気分を味わうとき便利
4はともかく、1〜3は、やってる人多いのでは?

GyoNetBlog ランキングバナー

2011年12月20日火曜日

出張4県またぎ(車)

2泊3日の現場作業でした。

作業は”川に潜って、石に生えている藻の採取”や、”データロガーの回収”です。
ドライスーツを着ていても、口のまわりが冷たいです。

途中、斐伊川放水路を見学。
松江市を洪水からまもるため、山を切り開き放水路が作られてます。

だいぶ出来てた
初日は、岡山、広島、島根を通り、県境を3回越えました。
移動時間4.5時間、作業時間3時間。。。効率悪い。

二日目は、作業をした後、広島へ移動。県境を1回越えました。
作業時間4時間。。。移動時間3時間。。雪がなくてよかった。

広島で、”かめや釣具(東雲店)”によってみました。1Fに釣具の洗い場があり、大変便利そうでした。ナイロンリーダーとして”銀鱗”の5号と10号を購入しました。

三日目は、広島で作業した後、岡山を通過し、直接忘年会会場へ。。。
作業時間5時間、移動時間5.5時間。。。。。県境を2回越えました。

走行距離1,000km以上

4県をまたぎ、県境を6回超えたのでくたくたです。(レンタカーがバンじゃなく乗用車でよかった)

来週早々、再び広島行きますが、さすがに新幹線の予定です。

GyoNetBlog ランキングバナー

2011年12月19日月曜日

言い間違い?

”いきなり団子”を熊本特産の”突然まんじゅう”と紹介されました。

インターネットで”熊本” ”突然まんじゅう”を検索すると
いきなり団子にたどり着きました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%82%8A%E5%9B%A3%E5%AD%90

インターネットって便利!!
GyoNetBlog ランキングバナー

2011年12月17日土曜日

岡山の魔界

同窓会へ奥様を送り届けた後、魔界へ


いつの間にか新装開店
以前はドンキホーテみたいなごちゃごちゃしたお店だったのですが、、、大きくなってました。
ジギングコーナーも拡大してました。

その後、岡山港でキャストの練習(テーマ:たらしの量と飛距離の関係について)をしました。その後、コンビニで暖をとり、奥様を迎えに行きました。

キャスト練習をしたエメラルダスST86Mは、2ピースですが、長すぎて車(デミオ)に横向きに積めません。エギングロッドは、7ftぐらいがいいかなぁ。

(何もつれてませんし、買ってません。)


GyoNetBlog ランキングバナー

2011年12月15日木曜日

ラインローテーションPE2号3号混合


基本のラインはPE2号ですが、玄達やクダコでは、やはりPE3号が使いたくなります。
そんなわけで、PE2号と3号の混合パターンのラインローテーションについて、整理してみます。

前提条件
主な釣り方と必要なライン+リール

ライトディープ(PE#2.0 300m)
ミディアムクラス(PE#2.0 300m)
ミディアムヘビークラス(PE#3.0 200m)
キャスティング(PE2号かPE3号が150mあれば十分)

模式図(ー:50m)

パターンその1(節約節約)

ブラディア4000  オシアジガー1000HG バイオマスターSW4000
ーーーー(3号)  ーーーーーー     ーーーー

ーーーー(3号)  ーーーーーー     ーーーー  100m痛む、ライン破棄(バイオ)

ーーーーーー   ーーーー(3号)    ーーーー  逆巻でライン入れ替え(年1回)
ーーーーーー   ーーーー(3号)    ーーーー  100m痛む、ライン破棄(バイオ)

ーーーーーー   ーーーーーー     ーー(3号)逆巻でライン入れ替え(年1回)
ーーーーーー   ーーーーーー     ーー(3号)100m痛む、ライン破棄(バイオ)

ーーーー(3号)  ーーーーーー     ーーーー  逆巻でライン入れ替え(年1回)
くりかえし

こうすると、どこかのリールにPE3号が存在することになります。
(問題は、どのタイミングでウラシマに行くかですが・・・)




GyoNetBlog ランキングバナー

2011年12月11日日曜日

ルミナリエ2回目

遠方より来客あり、今年2回目のルミナリエに行って来ました。

1回目より綺麗に撮れた。
小さいサンタさんにお願いしました。”ブリが釣れますようにと”
加えて、プレゼントとして”ベイトタックル一式(少し固め)をお願いしました。
ちいさなサンタさんにお願い。
月食前日の満月にも、お願いしました。”良い潮に恵まれますように”
満月とルミナリエ

金曜の夜の割には、人は少なめでした。


GyoNetBlog ランキングバナー

2011年12月5日月曜日

ラインローテーションPE2号

ラインローテーションのうち、PE2号についてまとめます。

前提条件
主な釣り方と必要なライン+リール

  • タヌキ狩り、ジギングミディアムクラス(PE#2.0 300m、シーラインLD300-2)
  • ジギングミディアムクラス(PE#2.0 300m、ブラディア4000)
  • キャスティングミディアムクラス(PE#2.0 200m、バイオマスターSW4000)
PE2号における最適解を以下に示します。
模式図(ー:50m)
ーーーーーー 新品(リール:シーラインLD300-2)
ーーーーーー 100m痛む(赤が傷んだところ)
      ↓
   ←←
 ↓
ーーーーーー 前後入れ替え(リール:ブラディア4000)
ーーーーーー 100m痛む
      ↓
   ←←
 ↓
ーーーーCUT 前後入れ替え+切断(リール:バイオマスターSW4000)
ーーーー   100m痛む→破棄

交換頻度
PEPETの場合:1年に2回(4月と9月)、1年半ラインを使う。
PEの場合:1年に1回(4月)、3年間ラインを使う。

PE2号の場合、スプールに余裕ができるが、この余裕は、リーダーに割り当てる。



GyoNetBlog ランキングバナー

2011年12月4日日曜日

ロッドの整理(曲がり方)

タックルを新調予定です。
その前に、今のタックルのおさらいです。

ジギングロッドの表示で一番謎なのが、適合ジグウエイトです。
メーカーが違えば、印象も違うし、表示ジグウエイト以上のジグを使っても問題ないしと、ややこしくなる要因です。
なんで、手持ちのロッドの曲がり具合を確かめてみました。
方法は、500gもしくは、200gのおもりを吊ってみるだけです。


TENRYU ジグザム(ver1)591S-3 ジグ〜120g
バットが残ってティップが入る(500g)

釣った感じ
このタックルでメジロを釣ると、本人は意外と冷静だが、まわりが慌てることが多いのは、ものすごく曲がるからでしょうか?。しかし、バットはとてもしっかりしているので、リフトはしやすい。


TENRYU スパイクSK762MH キャスト〜90g
バットは残る。ベリーに乗る感じ。ティップは柔軟(500g)


投げた感じ
ドラドスライダーとか、ベリーに乗せてとても投げやすいし、ティップの太さの割に柔らかく、ダイビングジャークさせやすい。まだ釣ってないので釣った感じはわかりませーん。

ダイワ シーゲート HIRAMASA63S ジグ〜250g
意外やバットからきれいに曲がる(500g)
釣った感じ
メジロぐらいだと、まわりがハマチだと思うので、慌てない。このロッドが本領発揮するのは、やはり10kgクラスのブリか(?いつ釣れるんでしょうねぇ?)。操作感がやや重いのは、このバットから綺麗に曲がる特性にあるのかな?


↓ここから下は、瀬戸内メインのライトゲーム用タックル
(500gでは、床から浮かなかったので、200gのジグをおもりとして使用)

テンリュウ オフショアライト OLJ632S-FL ジグ〜100g
ティップがとても柔軟
ティップがやわらか過ぎで、キャストにはとても気を使う。あと、タチウオでも十分楽しめるゲーム性の高さが光る。結構癖があって好み。このティップの柔らかさは、ティップランやメバルジギングにも使えるのでは??




アルファタックル アルバトロスフラフラ 180ML おもり負荷〜225g(60号)
素直そうなベンディングカーブ

おそらく、一番釣ってるタックル。値段の割に綺麗なベンディングカーブを描き、使いやすい。ジグは、160gを使ってみたが、何ら問題なし。ウラシマでの100号負荷にもなんとか耐えた。

好みとしては、やはりバットのしっかりした(先調子気味の)テンリュウです。ジグをバットで、ビシバシ飛ばす自分のしゃくり方にも合っているようなきがします。
なんで、HIRAMASA63Sは、手放し、テンリュウのロッドとレバードラグの何かにする予定。

GyoNetBlog ランキングバナー

ルミナリエ

人ごみのなかの鎮魂の光
華やかな光の中は、悲しみと希望が錯綜しています。とくに、今年は、東日本でいろいろあったのでよけいそう感じました。

白黒


お気に入りの場所じゃけどなんなら
後少しでさわれそう。

2011年11月27日日曜日

11/26 ジギング結果(ポセイドン)

荒れ後の快晴とうねりが少し残る中、行ってきましたポセイドン(舞鶴)

結果
メジロ2個体
バラシ:ペンペンシイラ、サゴシ
リリース:エソ

少しサイズが違う
予想では、ハマチ祭りと勝手に決めつけ、お気楽に考えていました。
しかし、午前中船酔いで、中断もあり、14時前まで釣れず、焦りました。(まわりのT田さんや、Noriさんは、その時点で釣りまくってたので余計・・・)
ヒットアクションは、”パンダうさぎコアラ”の歌に合わせたシャクリです。
感度は常にあるようで、忘れた頃に誰かがヒットするような状況でした。
クルーのえっちゃんに、”今日の状況だったら、しゃくってたら釣れると思いますよ”と励ましてもらいました。そのあと、本当につれてよかったです。
そして16時前のラスト流しで、2匹目を”速巻き+ワンピッチ”で追加し、とても気分よく帰宅。

ベイトとステイ130(大きさが違いすぎる)
さばいてみると、5cmぐらいのカタクチイワシが一匹だけ出てきました。ヒットジグのステイ130と比べると、全然あってません。フックの大きさとはあってます。フックをベイトと間違えたか?それとも、ジグに反応したか、どっちでしょうね。

道具の整理をしていると、
バイオマスターのローターにガタ→ローターナットが緩んでる。
ブラディアのフレームに隙間が→ビスが緩んでる。
ジギングは、道具に負担かかりますね。やはり、メンテナンスが必要です。

反省点
せっかく用意したテールスピンジグを使ってない。


ローテーション

ジグザム 591S-3:ステイ160→ブリオン100→ステイ130→ステイ130←ステイに頼りすぎ。
(途中リールを調子の悪いブラディアから、バイオマスターへ交換、再びリールローテーション)

シーゲート HIRAMASA63S:グレア155→スピードジグFL225
(このタックル、少し長く、重いため、使いこなせない。。。手放すか)

スパイク SK762MH:出番なし

ロスト
ステイ130:サゴシにリーダーを切られた。


GyoNetBlog ランキングバナー

さて、洗濯物干して、仕事いきます。

2011年11月26日土曜日

寢れん。

明日(今日か?)は2ヶ月ぶりのジギングです。
楽しみで寢れん。
荒れ後の大潮、一発狙って頑張ります。

GyoNetBlog ランキングバナー

2011年11月24日木曜日

スマートフォンその後

スマートフォンにかえて、3ヶ月
便利だけど、結局SIMカードを元の携帯にもどして使っています。
理由は、パケット代がかかりすぎるためです。

6500円/月ぐらいかかります。
もとの携帯にSIMを戻して様子を見ると
2500円/月になりました。
差額4000円です。3ヶ月で、船代が出ます。

ただ、無料パケット代2000円のうち、800円分しか使ってません。
つまり、1200円(鉛1kg分)無駄にしていることになります。
それでも、月々サポートで1200円払われるので、帳消しです。

次からは、もう少しパケット通信してみようかな?

GyoNetBlog ランキングバナー

仕事に追い詰められた。

土日、祝はたらいても、終電コース。帰れません。

土曜は、ジギングなので、日曜日気合で、仕事しますかね。

時間延長アイテムは、大残業と、休日出勤(←のろ鉄より)

GyoNetBlog ランキングバナー

2011年11月23日水曜日

11/23タチウオ

少し小さい

仕事の後、第四突堤へ

本日は、速巻き3回、普通巻き3回の繰り返しでヒット

そのあとは、週末に向けて、ジャークの練習をしました。


ローテーション

オフショアライトOLJ632S-FL:フィッシングマックスで買った300円のバイブレーション24g

黒いの

今日もお仕事のあとタチウオです

2011年11月20日日曜日

11/20タチウオ

留守番中に子供が熱を出しました。その後、嫁さんと入れ替わりに外出。

今日は兵庫突堤です。
今日のほうが大きい
日没と同時にヒット。

昨日のヒットアクションであるゆるいワンピッチではなく、リール半回転で止めるハーフピッチでヒットしました。
前日の反省を踏まえ、フックを研いでおいたのがよかったのでしょう。

兵庫突堤は、風向きと人の多さでポイントが限られます。
だいたい、いつも人が少ない不人気スポットに入ります。

今日は運良く、人気スポットがあいてたのですが、風向きが悪いため、人の少ないポイントへ移動したら釣れました。ラッキーです。

本当は、今晩仕事の予定だったけど、明朝します。

ローテーション

エメラルダスST86M:フィッシングマックスで買った300円のバイブレーション24g
GyoNetBlog ランキングバナー

2011年11月19日土曜日

11/19タチウオ

仕事が嫌になって、第四突堤へ

慌てて写真を撮る

いつの間にか釣り禁止エリアが拡大中
みんなごみ捨てるから、もう。

17時00分まわりでポツポツあがりだします。
17時30分まわりでは、ポンポンつれてます。
こちらは、当たるけど乗らない。
・着底〜速巻き〜ワンピッチでゴン→乗らない
・着水〜ゆるただ巻きでゴン→乗らない
・着底〜速いワンピッチでゴン→乗らない
・着底〜ゆるいワンピッチでゴン→スレでファーストキャッチ(指3本)
他の人は、ワインドでバシバシ釣ってたので、焦りましたが、18時10分に撤収して家に帰りました。
おかず一品追加、塩焼きで頂きました。


ローテーション

オフショアライトOLJ632S-FL:メタルジグ30g→フィッシングマックスで買った300円のバイブレーション24g

GyoNetBlog ランキングバナー

白黒

雨の日の定位置

今日は仕事の後に太刀魚計画になりました。
雨ですが、、

2011年11月18日金曜日

2011年11月16日水曜日

シマノにお願い(ベイトリール)

ダイワでもいいです。

ベイトリールの根本的な弱点として、フレームとスプールの隙間にラインが噛み込むことがあります。
特に、レベルワインダーのない機種では、スプールの端にラインが乗って、そのまま糸落ちして、噛み込みそうです。

防ぐ方法があります。
スプールのエッジをフレームで覆い、糸落ちを防ぎます。

ただ、この場合、スプールを横から入れることはできなくなります。
なので、ワンピースフレームではなく、バイクのギアケースのように上下2分割のフレームを採用します。

ついでですが、ハンドルとドライブギアは、スプールより、手前(竿尻側)に配置してください。そのほうが左手のしゃくる動きと連動させやすいです。
(伝わらんから、今度イラスト載せます)

あーあと、レバードラグの操作、なんとか左手でできるようにならないですかね?
左手で、ドラグ入れつつ、リーリングに入りたいです。

GyoNetBlog ランキングバナー

スピンテールジグ

すでに既製品あり?

集魚効果はありそうですが、隣の人が釣れそう。

写真1 ジグのテールにブレードを装着

ドラドポッパーからの流用です。

GyoNetBlog ランキングバナー

2011年11月13日日曜日

新手のモビルスーツ

アッガイかズゴックのように見えます。

写真1 赤ですが、シャア専用ではありません


GyoNetBlog ランキングバナー

2011年11月11日金曜日

リーリング速度

以前、書きかけてやめたジャークいろいろの続きです。

前回と同様、風邪です。(お医者さんに、奇数月に風邪をひいていると言われてしまった)

リーリング速度は、シンプルに
Slow ゆっくり巻く
Medium 普通に速く
Fast 根限り速く

この3種類ぐらいにしようと思います。

たった3種類ですが、さまざまな組み合わせがあります。
例えば、着底後
・イカをイメージしてゆっくり巻いて(Slow)
・次はイワシをイメージしてだんだんスピードアップ(Mid)
・イワシがあわてて逃げるように根限り速く(Fast)
・疲れたらゆっくり
リーリングだけですが、こんな組み合わせもできます。



GyoNetBlog ランキングバナー

リングスターにお願い

愛用しているドカットですが、不満な点がいくつかあります。

・別に両開きでなくてもよい
・フタは、上からの荷重はうけても、引っ張り応力は、発生しないので、開け閉め用バックルは1つでよい。
・フタを勢い良くあけると、ヒンジ兼バックルがもげそうになるので、頑丈にするか、途中で止まるようにしてほしい。

以上、よろしくお願いします。(=^・^=)

GyoNetBlog ランキングバナー

2011年11月5日土曜日

ジギング持ち物(ジグ)

こないだ、ジギングに持っていくドカットに長靴を切断していれた。という備忘録に、予想外にアクセスがありました。調子に乗って、持ち物のうちジグについて整理しようと思います。

写真1 捕獲されたグリップ
(写真と内容は関係ありません)

ジグ選びの自分なりの考えを整理すると
その1 ジグの長さ:ベイトに合わせる(ベイトがイカの時はどうなんでしょ?)
その2 ジグの重さ:落下速度の調節(スライド量の調整とオマツリ防止がメイン)
その3 ジグの色:釣具屋で感じた釣れそうな色(赤か青が多いです)

写真2 手持ちのジグ(いつの間にか増えた)

手持ちのジグを写真2に示します。
左から、
・ダイワ:スラックスター150g
・シャウト:ワイズ180g
・ダイワ:スピードジグFL115g
・もらい物:150g
・ヤマリア:メタルフリッカー200g
・シャウト:ステイ160g
・シャウト:ワイズ100g
・タチウオ/サワラ用安物ジグ:100g
・EG:カプリス100g
・ダイワ:サクリファイスベイト60g
・ゴーへ:ブリオン100g
・ダイワ:サクリファイスベイト80g
・ヤマリア:メタルフリッカー120g
・シャウト:ステイ130g

・シャウト:ステイ130g(あれ?)
多い!多すぎる!!。この半分ぐらいに減らす予定です。

写真の通り、長いジグが重いわけではなく、ジグそれぞれに設計者の意図が見えます。
そして、大きさ別に整理しておけば、同じジグを買ってしまうミスが減ると思います。
もし、これからジグを揃えるなら、メーカーは、統一(2daジグ/ネイチャーボーイズ/LotsOfArt/ゴーへあたりか?)しようと思います。
まあ、一番自分で満足するのは自作なのですが・・・溶けた鉛の扱いと塗装がめんどくさすぎるので、しばらくはやめておきます。

ジグは、ひとめでわかるように、ジグバッグではなく、ケースを使用してます。ただ、ケースだと、ジグ同士がぶつかってジグが曲がったり、ジグの塗装が痛むので、バスマットを利用してジグを固定しています。やり方は、適当な大きさにバスマットをカットして、ジグのアイを挿し込む場所に、カッターで切れ目を入れるだけです。
釣行後の洗浄と乾燥も簡単になります。


GyoNetBlog ランキングバナー

2011年11月1日火曜日

最近買ったまんが

最近買った漫画です。
久しく使ってないつもりの広島弁が多く登場します。
まあまあ面白いし、広島弁の復習にもなります。



溶接覚えたら、溶接リングが自分で作れますね。



>°))))))彡  (=^・^=)
GyoNetBlog ランキングバナー


ドカットの中身

気がつけば10月は一回も釣りに行ってません。仕事が忙しいです。
釣りには行ってませんが、準備は進めてます。

今住んでいる借家は、駐車場までかなり歩くので、できるだけ荷物を減らす必要があります。
特に問題だった長靴の運搬方法を少し強引な方法で解決しました。
ついでにドカットの中身を備忘録としてメモしておきます。

写真1 ドカットに入る大きさまで、長靴を切断!!

上段
・ジグ(セミロング、ショート)
・アシストフック、インチク、鯛ラバ
・リング等金具
・キャスティング用プラグ
・サビキとおもり!!
・スプリットリングプライヤー
・ナイフ


写真2 下段はこんな感じ
下段
・長靴
・カッパ
・ライジャケ
・帽子
・偏光グラス
・リーダー
・手袋(冬のみ)
・腰ベルト&ツールバッグ
・ゴミ袋

残る問題は、釣りしているときの財布とケータイをどこにおいておくかです。
(ドカットのなかだと、波にさらわれそう。)


>°))))))彡  (=^・^=)
GyoNetBlog ランキングバナー