2011年12月30日金曜日

12/30 無念出船中止

楽しみにしてた年末ジギングは、波が高いため、中止になりました。

今年は、9回船にのりました。
完全な坊主は1回のみなので、良い年でした。

来年も、子育てと釣りを両立しながら、楽しくやっていきたいと思います。

それでは良いお年を。

GyoNetBlog ランキングバナー

2011年12月25日日曜日

セパレートグリップの使い方

日本海側、大荒れですね。
来週、中程に一瞬冬型が緩みそうですが、うまくタイミングが合えばいいのですが、、、

スパイクのグリップとブラディアの組み合わせ

さて、ロッドは基本、1ピースが好きです。
グリップジョイントの竿は、継ぎ目が回転して、ガイドの位置がずれることがあります。
(ロッドのねじれ剛性が強くなっても、ジョイント部が回転したら、意味がありません。)

ただ、グリップ単独だと、便利な使い方があります。

例えば、
  1. なんとなく、リールをくるくるしたい時、便利
  2. ジャークのイメトレをするとき便利
  3. キャスティングのイメトレをするときに便利
  4. ザ・フィッシングとか見ながら、釣れた気分を味わうとき便利
4はともかく、1〜3は、やってる人多いのでは?

GyoNetBlog ランキングバナー

2011年12月20日火曜日

出張4県またぎ(車)

2泊3日の現場作業でした。

作業は”川に潜って、石に生えている藻の採取”や、”データロガーの回収”です。
ドライスーツを着ていても、口のまわりが冷たいです。

途中、斐伊川放水路を見学。
松江市を洪水からまもるため、山を切り開き放水路が作られてます。

だいぶ出来てた
初日は、岡山、広島、島根を通り、県境を3回越えました。
移動時間4.5時間、作業時間3時間。。。効率悪い。

二日目は、作業をした後、広島へ移動。県境を1回越えました。
作業時間4時間。。。移動時間3時間。。雪がなくてよかった。

広島で、”かめや釣具(東雲店)”によってみました。1Fに釣具の洗い場があり、大変便利そうでした。ナイロンリーダーとして”銀鱗”の5号と10号を購入しました。

三日目は、広島で作業した後、岡山を通過し、直接忘年会会場へ。。。
作業時間5時間、移動時間5.5時間。。。。。県境を2回越えました。

走行距離1,000km以上

4県をまたぎ、県境を6回超えたのでくたくたです。(レンタカーがバンじゃなく乗用車でよかった)

来週早々、再び広島行きますが、さすがに新幹線の予定です。

GyoNetBlog ランキングバナー

2011年12月19日月曜日

言い間違い?

”いきなり団子”を熊本特産の”突然まんじゅう”と紹介されました。

インターネットで”熊本” ”突然まんじゅう”を検索すると
いきなり団子にたどり着きました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%82%8A%E5%9B%A3%E5%AD%90

インターネットって便利!!
GyoNetBlog ランキングバナー

2011年12月17日土曜日

岡山の魔界

同窓会へ奥様を送り届けた後、魔界へ


いつの間にか新装開店
以前はドンキホーテみたいなごちゃごちゃしたお店だったのですが、、、大きくなってました。
ジギングコーナーも拡大してました。

その後、岡山港でキャストの練習(テーマ:たらしの量と飛距離の関係について)をしました。その後、コンビニで暖をとり、奥様を迎えに行きました。

キャスト練習をしたエメラルダスST86Mは、2ピースですが、長すぎて車(デミオ)に横向きに積めません。エギングロッドは、7ftぐらいがいいかなぁ。

(何もつれてませんし、買ってません。)


GyoNetBlog ランキングバナー

2011年12月15日木曜日

ラインローテーションPE2号3号混合


基本のラインはPE2号ですが、玄達やクダコでは、やはりPE3号が使いたくなります。
そんなわけで、PE2号と3号の混合パターンのラインローテーションについて、整理してみます。

前提条件
主な釣り方と必要なライン+リール

ライトディープ(PE#2.0 300m)
ミディアムクラス(PE#2.0 300m)
ミディアムヘビークラス(PE#3.0 200m)
キャスティング(PE2号かPE3号が150mあれば十分)

模式図(ー:50m)

パターンその1(節約節約)

ブラディア4000  オシアジガー1000HG バイオマスターSW4000
ーーーー(3号)  ーーーーーー     ーーーー

ーーーー(3号)  ーーーーーー     ーーーー  100m痛む、ライン破棄(バイオ)

ーーーーーー   ーーーー(3号)    ーーーー  逆巻でライン入れ替え(年1回)
ーーーーーー   ーーーー(3号)    ーーーー  100m痛む、ライン破棄(バイオ)

ーーーーーー   ーーーーーー     ーー(3号)逆巻でライン入れ替え(年1回)
ーーーーーー   ーーーーーー     ーー(3号)100m痛む、ライン破棄(バイオ)

ーーーー(3号)  ーーーーーー     ーーーー  逆巻でライン入れ替え(年1回)
くりかえし

こうすると、どこかのリールにPE3号が存在することになります。
(問題は、どのタイミングでウラシマに行くかですが・・・)




GyoNetBlog ランキングバナー

2011年12月11日日曜日

ルミナリエ2回目

遠方より来客あり、今年2回目のルミナリエに行って来ました。

1回目より綺麗に撮れた。
小さいサンタさんにお願いしました。”ブリが釣れますようにと”
加えて、プレゼントとして”ベイトタックル一式(少し固め)をお願いしました。
ちいさなサンタさんにお願い。
月食前日の満月にも、お願いしました。”良い潮に恵まれますように”
満月とルミナリエ

金曜の夜の割には、人は少なめでした。


GyoNetBlog ランキングバナー

2011年12月5日月曜日

ラインローテーションPE2号

ラインローテーションのうち、PE2号についてまとめます。

前提条件
主な釣り方と必要なライン+リール

  • タヌキ狩り、ジギングミディアムクラス(PE#2.0 300m、シーラインLD300-2)
  • ジギングミディアムクラス(PE#2.0 300m、ブラディア4000)
  • キャスティングミディアムクラス(PE#2.0 200m、バイオマスターSW4000)
PE2号における最適解を以下に示します。
模式図(ー:50m)
ーーーーーー 新品(リール:シーラインLD300-2)
ーーーーーー 100m痛む(赤が傷んだところ)
      ↓
   ←←
 ↓
ーーーーーー 前後入れ替え(リール:ブラディア4000)
ーーーーーー 100m痛む
      ↓
   ←←
 ↓
ーーーーCUT 前後入れ替え+切断(リール:バイオマスターSW4000)
ーーーー   100m痛む→破棄

交換頻度
PEPETの場合:1年に2回(4月と9月)、1年半ラインを使う。
PEの場合:1年に1回(4月)、3年間ラインを使う。

PE2号の場合、スプールに余裕ができるが、この余裕は、リーダーに割り当てる。



GyoNetBlog ランキングバナー

2011年12月4日日曜日

ロッドの整理(曲がり方)

タックルを新調予定です。
その前に、今のタックルのおさらいです。

ジギングロッドの表示で一番謎なのが、適合ジグウエイトです。
メーカーが違えば、印象も違うし、表示ジグウエイト以上のジグを使っても問題ないしと、ややこしくなる要因です。
なんで、手持ちのロッドの曲がり具合を確かめてみました。
方法は、500gもしくは、200gのおもりを吊ってみるだけです。


TENRYU ジグザム(ver1)591S-3 ジグ〜120g
バットが残ってティップが入る(500g)

釣った感じ
このタックルでメジロを釣ると、本人は意外と冷静だが、まわりが慌てることが多いのは、ものすごく曲がるからでしょうか?。しかし、バットはとてもしっかりしているので、リフトはしやすい。


TENRYU スパイクSK762MH キャスト〜90g
バットは残る。ベリーに乗る感じ。ティップは柔軟(500g)


投げた感じ
ドラドスライダーとか、ベリーに乗せてとても投げやすいし、ティップの太さの割に柔らかく、ダイビングジャークさせやすい。まだ釣ってないので釣った感じはわかりませーん。

ダイワ シーゲート HIRAMASA63S ジグ〜250g
意外やバットからきれいに曲がる(500g)
釣った感じ
メジロぐらいだと、まわりがハマチだと思うので、慌てない。このロッドが本領発揮するのは、やはり10kgクラスのブリか(?いつ釣れるんでしょうねぇ?)。操作感がやや重いのは、このバットから綺麗に曲がる特性にあるのかな?


↓ここから下は、瀬戸内メインのライトゲーム用タックル
(500gでは、床から浮かなかったので、200gのジグをおもりとして使用)

テンリュウ オフショアライト OLJ632S-FL ジグ〜100g
ティップがとても柔軟
ティップがやわらか過ぎで、キャストにはとても気を使う。あと、タチウオでも十分楽しめるゲーム性の高さが光る。結構癖があって好み。このティップの柔らかさは、ティップランやメバルジギングにも使えるのでは??




アルファタックル アルバトロスフラフラ 180ML おもり負荷〜225g(60号)
素直そうなベンディングカーブ

おそらく、一番釣ってるタックル。値段の割に綺麗なベンディングカーブを描き、使いやすい。ジグは、160gを使ってみたが、何ら問題なし。ウラシマでの100号負荷にもなんとか耐えた。

好みとしては、やはりバットのしっかりした(先調子気味の)テンリュウです。ジグをバットで、ビシバシ飛ばす自分のしゃくり方にも合っているようなきがします。
なんで、HIRAMASA63Sは、手放し、テンリュウのロッドとレバードラグの何かにする予定。

GyoNetBlog ランキングバナー

ルミナリエ

人ごみのなかの鎮魂の光
華やかな光の中は、悲しみと希望が錯綜しています。とくに、今年は、東日本でいろいろあったのでよけいそう感じました。

白黒


お気に入りの場所じゃけどなんなら
後少しでさわれそう。