2012年6月8日金曜日

ブラディア重症。。

先日の釣行で、ボディーの隙間が開いてしまったブラディア4000

また、ネジが緩んだだけだと思ったら、
なんてこった!

ボディーカバーが割れてました。

ネジ穴で割れてしまった!!



パーツ代は、

ボディーカバー:2000円
ネジ:300円
調整ワッシャー:不明

さてさて、修理。それとも?

やはり根限りの速巻きは無理があったか?

ダイワさんへ。
 根本的にネジの数が少ないように感じます。
 また、ネジを受ける部分の板厚も薄いような。。。


GyoNetBlog ランキングバナー

2012年6月6日水曜日

6/5ジギング結果(ワープゾーン)

5日間の現地作業の後で、疲れはピーク、
さらに、喘息の不安を抱えながら
ウラシマライトディープの誘惑ニモマケズ
なんとかブリを釣り上げるべく
行ってきましたワープゾーン(京都宮津)

今回の目標は2つ
その1.トップウオーターで釣り上げる。
その2.ブリ釣ってトーナメントにエントリー

結果は
マダイ:1個体
メジロ:1個体
NoriさんとM本さんに頂いたタヌキメバル多数
つれてよかった。本当によかった。


目標は達成できませんでしたが、一日中休ます釣れてよかったよかった。
(腕が上がらなくなるまで釣りしたのは若い証拠?それとも年?)

今回はワープゾーン号に乗船。まずは冠島沖で開始です。
まわりは、ナブラ+鳥山だらけでいつ釣れてもおかしくないような感じですが
釣れません。。。
そのうち、ポセイドンの古川船長から入電があったらしく、白石に向かいます。
大移動の後、ポツリポツリと周りに断続的にヒットします。
私にはカスリもしません。

おやつのぶどうパンを食べて、トイレに行き松本船長に釣れたしゃくり方を聞くと、”大きくしゃくったときに食っておるようだ”とヒントをもらいました。
そして、手持ちのパターン(私の場合は速い、ゆっくり、中くらい)を組み合わせて誘うことと、
丹後ジャークの真髄、魅せて→追わせて→食わせるの考え方についてレクチャーをうけました。

で、速巻き→ワンピッチ(速い)→ロング→ワンピッチ(ゆっくり)を繰り返していると。。。。
リール(ブラディア)のボディーが開き使用不能に・・・・・

しょうがないので、白狼で同じようにアクションをしていると、隣でヒラメ(巨大すぎて怖いぐらい)が釣れました。
そして、今度は逆隣でメジロ大がヒット。少し悲しくなったちょうどその時にマダイが釣れました。
これで、ボウズ回避できたので、安心してお昼のラーメンを食べます。
食べた後、ゆっくりワンピッチをしていると、メジロが釣れました。パターンが全くわかりません。
しいて言えば、なにか食べると釣れる感じでしょうか?

そのあと、3時のおやつにアンパンを食べ、ラストスパートをかけましたが、カスリもしませんでした。
ここ最近起こっている夕方の鳥山もなく、納竿です。


ローテーション
ジグザム 591S-3:スラックスター150→ステイ130→ステイ160
白狼581B-6:バスター200→スピードジグ180→スピードジグ200→グレア155(マダイ)→バスター175(メジロ)→メタルフリッカー200→バスター175
スパイク SK762MH:ドラドスライダー18F
使った道具たち

反省
今回は水深100〜130mのポイントでした。
深いと重く大きなジグを使うことが多いですが、小さいジグをもっと使ってみればよかった。
ただし、PE2号ぐらい使う必要があります。
PE3号では、150gぐらいから着底感が分かりにくくなり、130gでは、底を取るのが難しかったです。



翌日の家族サービス

翌日は航空ショーがあったらしいですね。
F15観たかった。
GyoNetBlog ランキングバナー