2013年12月31日火曜日

来年どうしようかな

2013年を振り返ると、
1月:ハマチ
2月:激務
3月:妄想
4月:ボートメバル(初)
5月:ブリ(初)
6月:不可抗力(サバ予定)
7月:タイ・アジ、マイカ
8月:暑かった
9月:ヒラマサ(初)・ウッカリカサゴ(初)
10月:激務
11月:勉強
12月:西高東低(タチウオ)

今年は、6回船にのりました。2ヶ月に1回のペースです。(思ったより、少なかった)
それでも、ブリ、ヒラマサ、ウッカリカサゴなど、初物が釣れて、よい経験になりました。
すべて、美味しかったですが、その中でも特に、アジ(鳴門)とヒラマサ(出雲)がおいしかったです。

さて、来年ですが

1月:ハマチ
2月:激務
3月:妄想
4月:フライフィッシング
5月:ブリ
6月:サバ
7月:タラorタヌキメバル
8月:マイカ
9月:根魚
10月:タイ
11月:タチウオ
12月:西高東低

こんな予定になればいいですね。
それでは、みなさま、事故なく安全第一でよい年末年始をおすごしください。

2013年12月6日金曜日

資格試験とルミナリエ

2ヶ月以上釣行なしの状態ですが資格試験を受けていました。
8回目にしてたどり着いた面接でしたが、準備不足だったようです。

後は待つだけ。釣りに行こうっと。

試験の後、今年も始まったルミナリエに行きました。
震災の事、台風の事、いろいろなことに思いが行きました。
加えて、家族のことと試験のこともお祈りしておきました。

もっと綺麗。

2013年10月21日月曜日

通信費の削減

スマホにかえて2年と2ヶ月が経過しました。

月々サポートの恩恵もなくなり支払いが重くなりました。

そこで機種変更等々の費用を今後二年間を対象に比較をして通信費の見直しを行いました!


現状(フォーマ):6,465*24ヵ月=155,160円
機種変更(xi):3405×24ヵ月+本体78120円=159,840円
乗り換え(Au):5775×24ヵ月ー60000(キャッシュバック)=132,600円
Xi割引(通話+データ):2620×24ヵ月+78120=141000円

通話950*24ヵ月+タブレット20000+ポケットWi-Fi3900*24ヵ月=136400
通話950*24ヵ月+タブレット(simフリー)39800+ocnモバイル980*24ヵ月=86120

通話のみとsimフリータブレットの組み合わせがもっとも安く、このままスマホを使い続けるよりも二年間で7万円ほど安くなります。

ということでこれ買いました。


Googleネクサス7シムフリーです。
今までのドコモメールはもうすぐ解約するので使えなくなります。よ
連絡とるときはsmsかgmailになります。
さてさてどうなることやら。


2013年9月17日火曜日

9/14 出雲ジギング(グランデ)

Noriさん、タルッちさん、T田さん、M本さんの5人で、島根まで釣りに行きました。

結果
ウッカリカサゴ:1個体
ヒラマサ:1個体

両方共、初捕獲です。

始めての海域で不安でしたが、なんとか釣ることが出来ました。



ウッカリさん

ヒラマサさん


釣行が決まってからは、ジグを買い足したり、ラインを巻き替えたりしながら、準備を楽しんでました。
(それでも帽子とリール用のレンチを忘れましたが・・・)



神戸の自宅からグランデまでは、いろいろよっても、4時間30分ぐらい見ておけば十分でした。

7:00に出港して、まずはヒラマサを狙います。
しかし、潮が動いておらず、しばらく後に根魚狙いに移動します。

すぐに、M本さんが犬のようなウッカリカサゴ、Noriさんがオヒョウのようなヒラメを釣り上げました。
両方共、規格外です。次は自分かもという期待が一気に膨らみます。

それで、しばらくのち、ジグからインチクに切り替えた後、やっとヒットです。しかし逃げられてしましました。食い込みが浅いようです。
インチクをあまり移動させないように、ハーフピッチ、ロング、リフト&フォールを繰り返していると、着底と同時に引きこむようなアタリがあり、ウッカリカサゴを捕獲出来ました。

根魚狙いの後、再びヒラマサを狙います。
いつもどおり速巻き→ワンピッチを繰り返していると、ガツーンとアタリがあり、竿先が引きこまれました。何度か突っ込まれた後、簡単に上がってきたのは、エビになったジグ・・・・逃げられました。

ひと通り落胆した後、反応が広範囲に出ていたため、ワンピッチでボトムから表層まで探っていると、再びヒットしました。

今度はがっちり合わせも入れて、ファイト開始です。なんて言うか、最後まで抵抗し続けます。しただけでなく、上や横にもむちゃくちゃ走りまくります。何度かネット入れに失敗しましたが、無事ヒラマサを捕獲出来ました。・・・・ヒラマサ、面白い・・・・

ヒラマサの反応が悪くなったので、再び根魚に戻ります。
底から1mぐらいの所で、今日一番の引き込みがありました。ロッドは完全にのされたため、かろうじて膝を使ってリフティングを行い、あわてて底を切ります。
その後も、膝を使ったリフティング(ほぼスクワット)で上がってきたのは、ロープ・・・・大失態です。
むだに体力を削られました。

最後は、根魚とヒラマサを狙いました。もう一度あの引きを味わいたく、ヒラマサを狙いましたが、好調の根魚とは対照的に青物はヒットしませんでした。最後、T田さんのビックファイト(vs巨大エイ)ののち、終了となりました。

ローテーション
フラフラ180ML:メタルフリッカー120→カプリス100→インチクM(ウッカリカサゴ、ロスト)→スティンガーバタフライショート130→インチクM
白狼581B-6:ハオリジグ160
ジグザム 591S-3:ステイ130(ヒラマサ)→スピードジグFL115→スティンガーバタフライセミロング130

反省
ブラディアのハンドルはかろうじて使えるレベルまで治りましたが、やはり使いにくい。ハンドル買うか?リール買うか?→買うならキャタリナ3500
白狼は、持っていかなくてもよかった。
フラフラ180MLだと、少し柔らかくてジグが動かしにくい。ジグをスライドさせるためには、大きくしゃくる必要があるが、大きくしゃくると、ジグが大きく移動して、根魚が追ってこない(と思う)。フラフラ165Mぐらいが扱いやすいかも?
根魚には、PE1.5号、リーダー6号で行いましたが、PE1.0号、リーダー4号でよかったかも。


GyoNetBlog ランキングバナー

2013年8月3日土曜日

7/20 マイカ半夜便(030)

マイカ絶好調の網野沖に、イカジギングに行って来ました。
M本さん、Noriさんに加えて、赤銅おやじさん、たけおさんと久しぶりの同船です。

胴長8〜35cm、平均20cm、30個体
上出来です。

大漁で何よりです。

釣行前日もハードワークで終電を逃し、のんびり自転車で帰ります。
そして、当日も午前中仕事をして、昼からのんびりM本さんとNoriさんと網野に向かいます。

始めての網野沖、お世話になるのは03○(麗海丸)6時出船です。
18時出船で、すぐにポイントに到着です。周りには、名だたるジギング船が等間隔に並びます。
しばらくすると、ナブラがそこらじゅうで発生しました。
・・・・・・・・・今回はイカなので、ジグもプラグもフックもぜーんぶ持ってきていません。・・・
それでも、オフショアライトに装着済みの鉛スッテをナブラめがけてぶん投げます。投げ続けます。
飽きるまで投げます。ナブラが終わったので、休んでいると、またナブラが立ち、また投げます。
結果、1回あたっただけで釣れませんでした。・・・・体力は、だいぶ奪われました。・・・
あーでも、ナブラに向かって投げれただけである程度満足です。
しかし、オフショアライトの汎用性は、こういう時にはありがたいです。(ジグミノーぐらい持ってきていれば・・・)

19時頃、灯火と共にイカが釣れ始めます。
今回の目標は、鉛スッテ(イカジグ)だけで、釣れるとイイねェ(ダメだったらエダスつけよう)でした。
この目標は、あっさりクリアです。
イカジグを底まで沈め、しゃくりあげた後フォールさせ、止めた瞬間、ゴツンというアタリと共にイカの重みが伝わって来ました。
調子に乗って、2杯釣り上げたら、イカスミでイカジグが真っ黒になりました。
こすっても取れないので、鉛スッテ(脇漁具)に変更です。
ところが、いきなり根がかりでロスト。ついでにリーダーごと失いました。
しょうが無いので、リーダー組み換えと同時に、中オモリエギングにチェンジです。

で、エギを投入すると、いきなり釣れます。しかし、しばらくするとアタリがなくなります。
隣の赤銅おやじさんは、形は小さいものの、釣り上げていきます。反対隣のNoriさんも、好調に上げていきます。
気分転換に、フラフラにつけた鉛スッテを投入すると、また形の良いのが釣れます。でも相変わらず数が取れません。
数が欲しくて、浮きスッテをリーダーに直接つけました。しかし、形はいいものの数が取れません。それでも、過去最高釣果なので満足ですが、となりで釣ってたのに、何が違うんでしょうねぇ。

そこで、一つの仮設を立ててみました。
・小さいイカのアタリは、鈍感なので気づかない。大きいイカのアタリ(向こう合わせ)はよくわかる
・小さいイカが先にちょっかいを出してくる。
・小さいアタリは気づかないので、小さいイカの後にルアーを触ってくる大きなイカだけ選んで釣る形になった。
・実際、神経を尖らせ僅かなアタリをあわせてみると、今回最小の8cmのイカを捕獲です。

そんなこんなで、22時頃、入れのり状態になりました。その後23時過ぎるとやや失速。
それでもベイトの反応を見ながら、イカのレンジを想像し、いろいろな誘いでポツポツと釣っていきます。
イカジグや鉛スッテのアクションは、
しゃくりあげて、叩いて、止めて、落として、止める。これの組み合わせです。
アタリは、止めた時に多く、他にはフォールしても落ちないとか、着低直後とか、いろいろでした。

中オモリエギのアクションは、シャクリ上げとロングステイ+スローフォールの組み合わせです。当然ですが、スローフォールで釣れることが多かったです。

しゃくり上げの回数や、叩く回数は、いろいろ変えました。同じ事をしていると釣れなくなるような気がします。こまめにアクションは変えたほうが良さそうです。

レンジも、底近くから表層まで、いろいろで最後まで絞りきれませんでした。


使ったルアー



釣り終わり、家についたのは朝5時頃。このまま釣りに行こうかと思いましたが、やめときました。

仮眠をとって、イカの処理です。
今回は始めて、一夜干しを作って見ました。


一夜干
ケンサキイカは、刺身も甘くて美味しいですが、炙り寿司やイカメシなど、熱を加えたほうが美味しいような気がします。

沖漬けは、すっかり忘れて、1週間後にショウガを加え片栗粉をまぶし、唐揚げにするととても美味しかったです。


Noriさん、M本さん、赤銅おやじさん、たけおさん、お疲れ様でした。また誘ってくださいね〜
そして船長、おみやげとコーヒーありがとうございました。またお願いします。


ローテーション
フラフラ:イカジグ(フジワラ)→鉛スッテ(キーストン)→鉛スッテ+浮きスッテ(ヤマシタ、キーストン)
オフショアライト:鉛スッテ(脇漁具)→中オモリエギング


GyoNetBlog ランキングバナー

2013年7月13日土曜日

7/13 鳴門ジギング

6月は、諸事情により船に乗れませんでしたが、釣り自体は楽しんでました。

自転車にロッドホルダーをつけてみたり
GMロッドホルダーをインシュロックでフロントフォークに固定

娘と釣りをしてみたり

小さいゴマサバ

そして、7月
久しぶりに、鳴門にジギングに行きました。
狙いは、サバ・・・・でしたが、既に鳴門海峡を通過済みらしく
マダイとハマチ・メジロ狙いに変更です。

結果
マダイ:30cm、1個体
アジ:20〜30cm、9個体

他に、ガシラやマダイを頂きました。

ダイジェスト

M本さんをピックアップして、現地でタルっちさんとNoriさんと合流しました。
今回の釣行はこの4名貸切で、のびのび釣りができます。

まずは鯛ラバから始めました。
風もなく船は潮流に流されながらポイント上を通過します。
船長を始め、皆さん釣り上げますが、こちらは異常なしです。
カサゴマンションも通過しましたが、自分一人だけ当たりなし。

さてさて困ったことになりました。
使っていたルアーは自作鯛ラバ
釣れいた鯛ラバはビンビン玉
やはり、高いルアーは釣れるのか・・・

嘆いてもしょうが無いので、ネクタイがより動くようにタイ鉛を12号から15号に変更です。
Noriさんが釣り座を変わってくれました。
すると、2フォール目であっさりヒット。
慎重にやり取りして、30cmのマダイを確保です。
ふう。よかった。

マダイの後は、ハマチ・メジロを狙いに行きました。
ポイント到着後、ジグをしゃくり始めましたが、あまりの暑さに汗が止まりません。真夏のジギングは、たとえ100g以下でも体に堪えます。
水深は30mぐらいなので、キャストからの斜め引きを繰り返しましたが、根がかりのようなアタリでジグをなくしただけで、釣れません。

しばらくは、ジギングで頑張りましたが、M本さんが、ジギングで立派なアジを釣り上げた後、アジ狙いのサビキに仕掛けを変えました。

せっかく用意したサバ用サビキが無駄にならなくてよかった。
アジもなかなか難しく、反応は上から下までびっしりなのにサビキに食って来ません。
ヒットの傾向としては、
1.高速フォール+ステイ
2.ロングステイ
3.微速巻き上げ
でした。
あまり大きく誘いをかけると、ヒットしても口切れして、バレてしまいました。

今回は、暑さにまけてサビキに逃げてしまいました。心理的にはこんなかんじです

”釣りするだけで、楽しい。釣れるともっと楽しい(たとえそれがサビキでも)”

かつてオニカサゴを釣ったことがある思い出の海域は、相変わらず豊かな海でした。
Noriさん、タルっちさん、M本さん、誘ってくれてありがとうございました。
また船上で会いましょう。


ローテーション
フラフラ:自作鯛ラバ12号→15号(マダイ)→ブランカ150+サビキ(アジ)
オフショアライト:キャスティング自作鯛ラバ12号→サクリファイスベイト60(ロスト)→カプリス100

鯛ラバは自作なので、根がかり覚悟で底を攻めましたが、ロストなし。そんなもんでしょう。



GyoNetBlog ランキングバナー

2013年5月19日日曜日

GW2013

まずは、冬タイヤから夏タイヤへ模様替え
9年目のスタッドレスは、もう限界ですが、もう1年何とかなるかな?



後は、パリダカ仕様のバイクを見に行ったり、

懐かしのタイムで食事したり

自転車の練習をしたり




イノシシの罠を見てみたり



温井ダムカレーを食べたり

たんぽぽを探したり、

備北丘陵公園で、おやつを食べたり

長い滑り台をすべってみたり、

充実したGWでした。

しかし、世界情勢悪化のせいで、岩国のフレンドシップデーが中止になったのが
とても残念。

GyoNetBlog ランキングバナー

2013年5月12日日曜日

5/12 丹後ジギング(ポセイドン)

1月以来のジギングです。

今回は、釣れる要素が全部当てはまりました。
釣行前日は、雨(現場仕事でしたが・・)、釣行日は、晴れ+大潮
前日もでかい鰤が釣れるなど、釣果は上向き加減。

3週間前から準備を重ねジギングに望みました。

結果:
ブリ:2個体(だいたい6kg)
メジロ:1個体
上出来です。

よく引きました(ポセイドンさんHPより)

2010年の1月から始めた日本海ジギング、やっとブリを釣ることが出来ました。


〜ダイジェスト〜

朝、Noriさんをピックアップし、舞鶴へ向かいます。

いつもより少し早く7:30出航です。

最初は鳥山を追いかけましたが、船中はフグが釣れただけ
その後、白石グリへ向かいます。

白石グリは、水深100mラインを流していきます。

いきなり、ブリが釣れました。
着低後、20速巻き、1ピッチ、2ピッチ、のあと今までにない重量感が伝わって来ました。

はっきり言って、リール巻けません。なので、ポチっとリールのボタンをおしてジガーLDをローギアに
切り替えました。
ローギアでは、ぐいぐい巻けます。
白狼も余裕で持ちこたえ、テンションをキープしてくれています。
たまに、ドラグから糸を引き出していきます。もう重くて重くて、ロッドを支える左手が持たないかと思いました。

緊張のネットインは、意外とあっさり決まり、ブリ初捕獲です。
ブリ1個体目
早い時間にブリが釣れたので、安堵感から、バスターからワイズにジグチェンジです。
しばらく後に、メジロがヒット。
これもよく引きましたが、ドラグが作動することなく釣り上げました。


ブリとメジロで心理面の余裕が出ましたが、体力面の余裕がなくなりました。
船長と話したり、他の人の釣ってる様子を眺めて、体力を回復します。

他人が釣っているのを見るのはたのしいですが、自分も釣りたくなり、ジグをグレアに変え釣りを再開します。
海底からジグをひたすら速巻で巻き続け、疲れて巻く速度が落ちた瞬間に、竿の先端が引きこまれました。重くて脇ばさみでは、対応できず、竿尻をお腹に当ててファイト開始です。
リールのギアをローギアに入れて、ゆっくりと巻き上げます。
竿を支える手も、リールを巻く手も、力が残ってなくプルプルしながらのファイトで、楽しむ余裕が全くなし、情けない。

ブリ2個体目


良かったこと。
フック、リーダーともに結束は自分で行ったので、ブリが来ても大丈夫という自信が着きました。
ドラグの調整も適正だったと思います。

参考
メインライン:PE2.0
リーダー:ナイロン8号(35lb)
根付糸:シーハンター25号
フック:(ヤマイ)ステンレスファイタ−伊勢尼18号
   :(金龍)NICPRO 18号
すべてフロントフックへのフッキングでした。


反省点
ハンドルを応急処置したブラディアは、使い物にならず・・・

ブラディアはハンドルの修理失敗

ブリの処理が大変・・・大きいまな板と、出刃包丁ないと困る。クーラーも。

小さい方のブリでも冷蔵庫には入らんよ


体力不足:服の脱ぎ着など、日常生活に支障が出るぐらいの筋肉痛+風邪引きました。


ローテーション
ジグザム 591S-3:ステイ160→リール換装(ブラディア→バイオマスター)→ステイ130
白狼581B-6:バスター165(ブリ)→ワイズ180(メジロ)→グレアー155(ブリ)
スパイク SK762MH:ドラドスライダー18F(出番なし)


GyoNetBlog ランキングバナー

5/12初めてのブリ

初めてブリつりました。
二個体も。
詳しい話はまた今度。

2013年4月27日土曜日

4/27 ボートメバル(岡山)

GWの開始早々、岡山でボートメバルをしました。
Noriさんとタルっちさんと一緒です。

結果:メバル3個体
スズキをタルっちさんにもらいました。

船中の釣果

出航直後は、風が強く、どうなることかと心配しましたが、日が落ちてしばらくすると、風がなくなりました。
絶好のメバル日和です。
しかし、久しぶりのメバル+初めてのボートで勝手がよくわかりません。
底も取れないし、どうしようかと思っていると、他の方々はセイゴ、メバルと次々に釣り上げます。
こちらは、セイゴすらあたりません。

景気付けのために、表層速巻きでセイゴを確保した後、念願のメバルを釣りました。


ローテーション

アレス ファベオMB FMB-704TI:ジグヘッド1.5g⇔2.0g(ママワームほか)
ラインPE0.4、リーダー3lb

反省:防寒対策は万全に!!
ロッドは、5〜6ftぐらいのロッドが使いやすいですね。


GyoNetBlog ランキングバナー

2013年4月25日木曜日

4/25 徳島ラーメン

今年は、徳島に行ったり来たりの一年になります。

楽しみの一つは、徳島ラーメン。


ここのラーメンは、わかりやすい味付けで、おいしかった。


ライスがもっと安ければいいのにね!!

GyoNetBlog ランキングバナー

2013年4月15日月曜日

4/15 Day5 本土復帰

本土に帰る日は、快晴。。
那覇空港からは、F4が何機も離陸していました。

おみやげは、パッションフルーツ

心配した地震の影響も殆ど無く、会社のハードディスクも無事でほっとしました。


GyoNetBlog ランキングバナー

2013年4月14日日曜日

4/14 Day4 美ら海・そば・タコス

次の日は、
晴れていたら、海の予定だったけど土砂降りなので美ら海へ





娘っ子は、暗くてコワーイと・・・

その後は、そばを食べ
大好き!
セニョールタコ で タコスを食べ


もっと注文すればよかった。

釣具屋に寄り道して帰りました。
(ブラディアが半額・・・だったけど、Newルビアスとの価格差を考え、踏みとどまりました。)

GyoNetBlog ランキングバナー

2013年4月13日土曜日

4/13 Day3 中部 青の洞窟へ

2日目は、快晴。
ヤッケブースで美味しいパンケーキを食べた後







真栄田岬から青の洞窟へ行きました。

ここは、過去2回波が高く行けなかった場所。3回目にしてやっといけました。

どうせ行けないだろうと、ウエットスーツは持ってきておらず、ラッシュガードに、水着、アユタビと軽装。カメラすら持ってきてない・・・
少し寒かったけど、十分堪能しました。

娘っ子も大はしゃぎ
去年は大泣きしてたんだけどなぁー



夜ご飯は、
紀乃川

一番美味しかったのは、ハマフエフキダイのマース煮(塩煮)
次は釣りたい。
ぶちうまかった。






GyoNetBlog ランキングバナー

2013年4月12日金曜日

4/12 Day2 沖縄南部

沖縄初日は、自由行動なので、南部巡りです。

糸満のあたりで食事して
道の駅でパッションフルーツ買って

めがね逆さま

奥武島で天ぷらを食べ、野良猫にかこまれた後、

喧嘩する猫 に恐怖を感じて退散し


海ぶどうの育て方
海ぶどうの養殖場で海ぶどうを購入して、

ラピュタみたいなところと、知念岬に行って来ました。