2014年9月23日火曜日

9/22 明石ジギング(ビックファイター)

タルっちさんにセッティングして頂き、明石海域デビューです。タルっちさんの御連れ様、Noriさん、T田さんと一緒です。

結果

ブリ(70cm):1個体
タチウオ(指2本):1個体
マルアジ(20〜30cm):16個体

渋い中、メジロ確保に成功。
上出来です。


まずは、鹿の瀬
水深30mぐらいと浅く、釣り方がわかりません。
白石だと、速巻きで終わってしまいそうな水深です。


同船者に美味しそうなハマチが釣れました。
こちらはジグを60〜120gまで、投げたり、流したり、ズル引きしたり、速巻きしたり、いろいろ試しましたが、異常なし。
ここは、何回か経験しないと、釣り方がわからない気がします。

潮も緩んできたので、東へ向かいタチウオを狙います。

明石海峡大橋だ!ケーブルが美しい


橋をくぐる。トラスが美しい。
水深70ぐらいの所で、タチウオを狙います。
右舷側のタルっちさんと御連れ様は、調子よくかけます。
左舷側の3名は、沈黙です。
水深70mだとジグの色は関係ないとは思いつつも、ジグをティンカー100アカナゴに変えた瞬間、ベルトサイズがヒットです。これでボウズ回避。一安心です。


タチウオが渋いので早めに切り上げ、マルアジを狙います。





神戸の街の沖でサビキ釣りです。サビキはハヤブサのブライトンを分割し、ジギングロッド用に3本仕掛けにしたものです。
オモリにジグをつけ、反応の出た水深に合わせると、面白いように釣れます。
ロッドはオフショアライトで、グラストップのしなやかが口切れを防ぎます。
調子に乗っていると、フォール中にフッとなんの抵抗もなく、仕掛けが切れました。サワラかタチウオに噛み切られたようです。
オモリにしていた激闘ジグスーパースロー120をロストです。

潮も良くなってきたので、青物を狙います。

最初の岩礁ポイントは、アスナロⅡ 170gを投入します。
アタリは少なく、サワラにジグにキズを入れられました。
アシストフックの根付糸もキズが入っています。
まったく、フックに噛み付いてほしいですね。


岩礁ポイントの次は、いよいよ激流ポイントです。

使用ジグは、赤マジックで塗り上げたハオリジグJAPAN200を投入します。
アクションは、基本ワンピッチで、速いのと、ゆっくりのスラックありとスラックなしの3パターンを試しました。

まさに激流で、ボトムを取るのが大変です。ウラシマより難しいと思います。

何回か流した後、ワンピッチを繰り返していると、ドゴンときましたよ。ホライゾンSLがぶち曲がります。

少し巻き上げた所で、抵抗されドラグが滑ってまき上げられません。ドラグを少し閉めると
あえなく逃げられました。大失態です。ミヨシに視線が突き刺さります。

ドラグは結構キツメにセットしていました。しかし、自分のセッティングを信じられなかったのが悔やまれます。

その後、何回も激流ポイントを流しました。
海底地形が駆け上がった先では、結構な波が立っています。
ミヨシに立っていたため、バウが波に突っ込んだ時に、2cmほど右足がつかりました。

このあとの流しで、次に受ける波は大きくてヤバイなーと思ったと同時に、船長からコーションが発せられます。
ジグは底を切っていたので、根がかりはないだろうとリーリングをやめ、ロッドを右手に持ち、手すりに腕を回し、衝撃体制をとります。
バウが波に突っ込むと同時に波をかぶります。両足はひざ下まで浸水。上半身は右半身ずぶ濡れです。
直後に、バウデッキに飛び降り、ジグを回収します。
ポケットの中の携帯は防水なので大丈夫ですが、車のリモートキーが心配です(無事でした)。
サンダルなので、濡れたソックスを脱ぎ、車の鍵をキャビンのかばんの中に入れます。

波をかぶるイメージ
波をかぶった後、激流ポイントを離れ、少し脇のポイントに入ります(転流ポイント?)
ここで、タックルをスピニングのジグザムに変え、ジグをバスター200にチェンジします。

最後の流しの時、根がかりみたいな抵抗がロッドに伝わりました。
ミヨシなので、船の揺れなのか、魚の引きのかよくわかりません。底は切っていたはずなので、魚だとは思いましたが、いつぞやみたいにロープかもしれません。
回りからも、根がかり?魚?と質問がでます。
すると、リフトができたのと、ティップがわずかに叩いたので、魚と確信しファイト開始です。キツメに閉めたドラグが出されます。
今回が初の実戦投入となったキャタリナ3500は、結構パワフルでゴリ巻きした時も安定してまき上げられ、ドラグの作動もスムーズで安心感があります。
とても気に入りました。

上がってきたのは、メジロ。明石海域デビューでメジロ確保は、上出来です。


メジロ、根がかりかと思ったよ。

ヒットジグはバスター200
フックは、がまかつタマンSP24号です。
この、タマンスペシャルは、なぜかフィッシングヒカリに置いてあり、少し重い感じがしたので、重量バランスが大切なプラグのシングルフックに使うため、購入したものです。たしか5本入260円ぐらいでした。
沖縄仕様のフックがなぜ在庫としてあるのか不思議ですが、明石海峡でアシストフックとして役に立ちました。

バスター200 と タマンスペシャル24号

近所の明石海域は、近すぎていつでも行けると思い、なかなか行きませんでしたが、これからはいろいろ挑戦してみたいと思った釣行でした。


2014年8月30日土曜日

8/30マイカジギング(第八達丸)

Noriさん、M本さん、シュウさん、ハバタンさんの5人で、鳥取までマイカジギングに行きました。

結果
マイカ:6個体


数が取れなかったのは、いろいろ訳がありまして、他の皆さんはもっと釣っていましたよ。

今回のテーマは、2つ。

①できるだけ鉛スッテだけで釣る。
②できるだけ新鮮にイカを持ち帰る。

①のテーマで思考が停止し、数が伸びませんでした。

②のできるだけ新鮮にイカを持ち帰るですが、友舟バッカンを投入しました。
友船バッカンは、アユの友釣り用ですが、手持ちのクーラーホリデーランド500にぴったり入るので、家での収納に便利です。
他の活かしバッカンよりも、値段がお手頃なのも良い点です。


きれいに持ち帰れました。

出航までの不安として、”潮が早くて重いスッテが必要になったらどうしよう”というのがありましたが、オモリとしてメタルジグ、もしくは、鉛スッテを二連で直結して対応することにしました。


最初のマイカは、この鉛スッテ直結二連に、ダブルできました。
これで①の鉛スッテだけで釣るをクリア。同時に、迷走の始まりです。

長い長い間、アタリもない時間が続き、他の人たちは、ポツポツ次々となく、エダスに浮きスッテを直結ブランコで取り付けます。
すると、下の鉛スッテにすぐにきました。なぜ???

次に釣れたのは、フグ。細かくピコピコと浮きスッテを動かしていると、釣れました。
この動きはフグには効きそうです。
その後もアタリがあるものの、のりません。細かいアタリはとれるものの、のせることができません。

終了時間も近づいたので、船上でブランコ仕掛けを作ります。
フォールでの滞空時間が、長くなる用にエダスは少し長めにし、エダスの先には、1.8号の緑のエギをつけました。

棚を合わせ、ロッドを下から上までしゃくり上げ、5cm/sぐらいで、フォールさせます。
波とティップの動きに差が出た瞬間、スイープに合わせると、いいサイズのマイカがきました。
同じ誘いで、2連続で釣れました。

最後に、片付けをしている最中に、棚だけ合わせ置き竿にしておくと、エギに釣れていました。


よかったこと。
ロッドに、マジックテープのフワフワ側を貼りつけておきました。カンナを引っ掛けておけば、鉛スッテがぶらぶらせずによかったです。



タックル
フラフラ180ML
オフショアライト OLJ632S-FL


反省

結局は、ブランコ仕掛けが正解で、エギのフォールで釣る形になったのが残念です。
また、波が高く鉛スッテ単体では、動きすぎ、ステイが利かなかったのが、釣れなかった要因だと負いもいます。
サバやサワラ、フグ等がいない状況では、無理して鉛スッテ単体や直結仕掛けでアタリを楽しむことなく、ブランコ仕掛けのほうが釣果が上がります。

用意したエアレーションは弱く、海水の交換が必要でした。幸い海水ポンプがついていたので、酸欠にはなりませんでしたが、他の遊漁船では、もっと強力なエアレーションが必要です。


風も冷たくなり、船上ではカッパが必要でした。夜遊びのシーズンもそろそろ終わり。また来年いろいろ試してみます。



2014年7月27日日曜日

7/25 根魚+マイカ(トリトン)

梅雨があけて急に暑くなりました。

昼間釣りをするにはしんどい日差しです。そんな中、noriさんと鳥取までイカを釣りに行ってきました。

結果
ケンサキイカ 15個体
スルメイカ 1個体
アコウ 1個体

20個体は超えてたと思ったけど、数え間違えたようです。

鳥取に釣りに行くのははじめてでしたが、佐用から道がつながったおかげで、移動時間は、行きは三時間、帰りは、2時間30分でした。

今回のプランは根魚+マイカです。まずは根魚からです。
しかし、暑かった。用意した水がどんどん汗に変わります。
根魚タックルはレバードラグのアベット。ここでの根魚の釣り方は、インチクを使って、ボトムタッチ&ただ巻そして落とす。レバードラグでは多少めんどくさい釣り方です。
結果はアコウ1個体でしたが、結構アタリがあり、タックルの使い方も含め、良い経験になりました。

マイカは、パラシュートアンカーを使った流し釣りです。

灯火前に、良い型のマイカが12号スッテにきました。前回と同じパターンなので不安がありましたが、入れノリの時間もあり楽しめました
終了間際には、納得の合わせが二連続で決まり、いい形で終わることができました。

反省。
途中、アタリが遠のいた時に、集中を切らしルアーチェンジを繰り返しました。ルアーを変えるより、イカの棚を探るのが先でした。
次回挑戦時には、スピニングタックルでテンポよく棚を探り、ベイトタックルでその棚を精密に攻めて行こうと思います。

スピニング:オフショアライト63fl
ベイト:フラフラ180ml(少しハリが強い)

2014年7月5日土曜日

イカ用スノコ

イカを美味しく持ち帰るために、クーラーにスノコを敷きました。
材質はヒノキです。

横着して、コメリで買ったスノコをクーラーに合わせて切りました。
それでも微調整と切断面処理のためにカンナをかけています。

これでイカが直接氷に触れずに持って帰れます。

問題は釣れるかどうかとヒノキの香りがイカにつくかかのー

2014年6月22日日曜日

6/20 マイカ(ブルーウォーター)

今年初のマイカ釣りに行きました。

結果
マイカ 1個体
アコウ 1個体

両方ともいい型でしたが、どうやら時期を外したようです。

貴重な1個体は船中ファーストヒットでした。まだ灯火前だったので、期待しましたが、その後納竿まで全く釣れず。
途中、サビキに逃げようかと思うも、ベイトの反応も薄っ。

アコウがスッテを丸呑みしてなんとかお土産を確保できました。
アコウのあたりはこれを3回ほどあったので、アコウ狙いに切り替えた方が良かったのかも。

釣れ出してから釣りに行くより、先行して釣れないほうが、男らしいよね!

波もなく潮も緩く、風も無かったのは、良かった。

2014年6月15日日曜日

リールの運搬法

スピニングリールの弱点箇所としてベールがあります。少し応力が加わるとすぐに歪むし、傷が入るとラインが痛みます。そんな感じで運搬には袋に入れるなど気を使っています。
ただ、リールの自重によりベールに荷重がかかると、歪みそうで心配です。

そこで、吊り下げて運ぶ方法を思いつきました。
タックルボックスの中皿(トレー)に穴を開け、リールフットを引っ掛けます。

さてさてうまく行くでしょうか。

2014年6月9日月曜日

6/7 タヌキメバルとスロジギ(ポセイドン)

2年ぶりに浦島へ行ってきました。

結果
タヌキメバル 15個体
ムシガレイ 3個体

程よく釣れました。

前日、準備中からたのしくてしょうがない。
朝4時に起き、4時10分には出発して舞鶴に向かいます。

出港後、ポイントについて最初に釣れたのは40cmのタヌキメバル。幸先よく始まりました。

しかし、以外とシブく、錘を底から離すとアタリが遠のきます。

根掛かり覚悟でベタぞこを攻めて、仕掛けのテンションを抜き、弛ませた時にあたりが多かったです。

昼過ぎに10個体確保できたので、スロジギを試してみたら小さいスルメイカが釣れました。そのままフォールさせても良かったのですが、フックがバーブレスだったのと、お祭りが怖かったのでやめときました。

最後、胴付きに戻し、タヌキメバルとムシガレイを追加して納竿となりました。

1日中、手巻きで押し通し良い釣り筋トレになったのー

タックル
白狼+ジガーld  胴付き仕掛け 錘100号
ホライゾンSL+アベット 激投ジグ150 スティンガーバタフライ200

写真はポセイドンさんより

2014年6月5日木曜日

いろいろいそがしいんですよ

ご無沙汰しております。公私ともに忙しくしています。
相生で新幹線に閉じ込められて時間ができたのでブログの更新でも。

まず、
4月にnoriさんとボートメバルに行きました。釣果は少なかったけど、ロッドの調子もためせし結構満足。


勤務地が大阪に移りました。通勤時間は1時間20分です。途中、乗り換えの時、梅田の魔界に吸い込まれます。その場合の通勤時間は、2時間30分。

フライフィッシング始めました。イワナが釣りたい。まだキャスティング練習中ですよ。

家族が増えました。生まれてきてくれてありがとう。


徳島から和歌山に船でわたりました(仕事です)。タグボートってかっこいいよね。


南紀への出張が増えました。マグロが釣りたい。筋トレしなきゃ。PE4号、リーダー80lbぐらいで大丈夫かなー?

転勤、出産のため5月のブリには参戦できず。


今週、いきなりタヌキメバルでスロジギ初挑戦です。休み自体が久ぶり。フック作らんといけん


2014年3月5日水曜日

技術士試験に受かりました。


随分、更新に間があきました。

長い間かかりましたが、やっと技術士試験に合格しました。


大学4年から受け始め、1次試験に7回、2次試験に8回目の挑戦で、やっと合格しました。
かかった受験料は、延べ
189,000円です。



一次試験は、入社
4年目に環境部門で合格ヽ(^o^)丿


その翌年は、
経験年数不足で、一休みし、

それから、8回の試験を経て合格できました。

受験料以外にも、試験のためと称していろいろ買っています。例えば、
・ノートPC:¥200,000
・テーブル
5,250
・ICレコーダー
2
500

・タブレットPC40,000

・白書等参考図書:5,000ぐらい

その他購入物 計252,750円(受験料より高い)


あと、景気づけに受けた小型船舶免許(1級)120,000円


他にも、会場までの電車代や昼食代もあります。


なんだかんだで合格までかかったお金は、おおよそ 60万円(゚д゚)!です。
回収するまで、3~4年は掛かりそうです。


試験に受かったら、ロードスター(マツダ)とか、オフロードバイク(FTRかKLX)を買う予定でしたが、受験回数が多く、お金がかかりすぎました。




自分へのお祝いは、釣具にしておきます。



いずれにしろ、受かってよかった。協力しもらった皆さんに感謝!感謝
です。





今回の試験を振り返ると、国土交通
白書も見てないし、前日に花火は見るしで、まったくもってダメな受験生でした。手応えもなかったのですが、なんとか筆記試験を通過できました。


正直、筆記が通るとは思ってなかったので、あわてて
面接の準備を始めました。
面接は、これまた大失敗で絶対落ちたと思いました。帰りの新幹線の中では、過去ないぐらいに落ち込みました。その後も、夢に面接の失敗がててくるし、しょっちゅう面接のことを思い出しては、後悔を繰り返しました。

そして、ありとあらゆるものに祈り、くだらない願掛けをしました。
ルミナリエ、初詣、先祖のお墓、ゆきだるま、通りがかりの野良猫まで、誠に勝手なお願いをしました。
少なくとも、お願いしているときは少し心が軽くなり、そのおかげかどうかわかりませんが、なんとか受かることができました。


どさくさに紛れて、初釣りの結果を・・・

1月11日に、NoriさんとM本さんと初釣りに丹後ジギング(ポセイドン)に行きました。

結果
・エソ2個体
・ハマチ1個体
・サゴシ2個体

2014年の初釣行は、ハマチ祭りを夢見て丹後ジギングです。
とても寒くて、ハマチの活性も低く、難しかったです。
最初、立て続けにエソをヒットさせ、いやな予感がしました。
そのあと、大移動ののち、やっとハマチがヒットです。

ジガーLDのギアをLo側にいれ、ツダジグをボトム付近で細かいアクションをつけていると、向こう合わせでハマチが釣れました。
その後も、細々としたアタリはあるのですが、のせきれず、ハマチは1個体のみで湾内のサワラを狙いに移動です。

ここで、なんとか2個体サゴシを追加し、納竿となりました。


ポセイドンさんHPより

この時期としては、厳しい釣果でしたが、試験に受かってよかったです(関係ないとは思いますが、大漁だだったら受かってなかったかも?)。

2014年1月5日日曜日

今年もよろしくお願いします

長い休みでしたが明日から多忙な日々が始まります。

岡山、広島と帰省して、岡山の渡辺釣具、庄原の沼田釣具と立ち寄り

本日、フィッシングひかりでこれ買いました。

セール対象外だが、お買い得。

ハンドルがもう一本ついてきた

2010セルテート2500Rです。

本当はキャタリナ3500買いにいったのですが、、、、
ショアからのタチウオ、夏のマイカ、そしてキャスティングタイラバ等々に用います。


ブラディアは、もうちょっと現役続行です。