2016年11月9日水曜日

11/5 根魚+ヒラマサジギング(丸翔 久美浜)

初めての場所に釣りに行く時は、いつだってわくわくするものです。
はるばる久美浜までジギングに行きました。

結果
ウッカリカサゴ1個体
カサゴ3個体
キジハタ1個体
ブリ(ハマチ)1個体
他 M本さんからいただく


釣れたほうじゃろ。


今回のターゲットは根魚+ヒラマサです。
この極端な組み合わせに、最後まで振り回されることになります。

まず、準備段階では、
・鯛ラバ(15号から25号)
・インチク(100g)
・ショートジグ(100gから120g)
・セミロング+ロングジグ(120gから200g)
まで、絞り込みました。

こうなるとタックルは2セットでは収まらず
鯛ラバ用(オーシャニア OC581B-0+ミリオネアBB PE0.6)
スロー用(ホライズンSL HSL66B-M+アベットSX PE1.2)
青物用(ジグザム:初代 JZV 591S-3+キャタリナ3500)
の3セットを選定しました。

で、当日朝4時に神戸の自宅を出発し、色々寄り道して、7時半に久美浜に到着です。

お世話になったのは、丸翔さん。初めての船です。隣には、有名なアングラーズ1が泊まっています。

初めての船

でかい! アングラーズ1
前後にスラスターがあった!!

燃料を注いで、出港後、30分ぐらいで最初のポイントです。ヒラマサと根魚を狙います。
まずは、確実に根魚を一匹と思いましたが、船長からの一言で気持ちが揺らぎます。
”青物感度通過中・・・・・”
早速スピニングに持ち替え狙いますが釣れません。

次の流しで鯛ラバタックルに持ち替え、25号のヘッドと自作ネクタイをセットし投入します。
が、全然釣れません。完全に出遅れました。

心中穏やかでない中、作戦を立て直します。
着底後すぐに巻き上げていましたが、風が強くドテラ流しの船が速く移動していると考え
着底後巻き上げをやめて、ボトムをトレースした後、巻き上げるようにしました。
すると、小さいながらもアコウ(キジハタ)がヒットです。心が軽くなります。

ここで、自作鯛ラバの利点(根掛りしても金銭的ダメージが少ない)を目一杯使って、
着底→ドテラで引っ張る→ボトムから浮く→ラインを送って再び着底
を繰り返すと、連発でカサゴとウッカリカサゴが釣れました。

パターンがわかったので、次はインチクとジグで釣ってやろうと思ったのが間違いで
結局は鯛ラバでしか、根魚は釣れませんでした。

その後も、ポツポツと鯛ラバで根魚を追加しつつ、
”青物感度”にさそわれスピニングでステイ(←相変わらず頼りすぎ)を早巻きしているとハマチが釣れました。
なんとなく、ノルマ達成の気分です。

その後も、最後まで青物感度に自分が反応し寝魚と青物を行ったり来たりで、納竿となりました。


根魚を釣ったロッドはすでに生産をしていない天龍のグラスロッド(チューブラー)です。
この釣行がデビュー戦でしたが、ボトムトレースに必要な感度も備え、バイトを弾かない柔軟性
も持ち合わせています。
生産中止という事で、お得に購入できたことも含め、非常によい竿に出会えました。

一方、スロー用のロッドは、釣具屋で持ったときは、最高の竿と感じたのですが、、、
少し長く、うまく使いこなせませんでした。

お誘いいただいた、Noriさん、M本さん、たるっちさん、よしくん、楽しい時間をありがとうございました。

今年、もう一回ぐらい行きたいなー